--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近畿地方ツーリング: 4日目 龍神スカイライン・高野山 編

2012年05月14日 22:41

紀伊半島ツーリング最終日でございます。


5/1(火)



潮岬キャンプ場

朝6:30に起床です。
前日の暴風雨で睡眠不足です^^;眠眠打破必須です。
昨日の暴風雨が嘘のように柔らかい日差しが降注ぎます。


潮岬キャンプ場の朝
1潮岬の朝


芝生が綺麗
2芝生が綺麗


本日は紀州半島のど真ん中を突き抜けます。
天気が崩れなければ生き石高原キャンプ場で一泊
回復が見込めなめれば広島まで直帰です。


串本に戻る途中の潮岬の海沿いにて



潮岬とBandit
3潮岬とBandit



R371沿い 古座川峡

早朝の天気はフェイントですね。山に入ると早速ポツポツと雨が降ってきました。
キャンプ道具満載で雨のワインディングは恐怖でしかないです^^;
ちょっとゆっくりペースで走っていて見えてきたのはそびえたつ大きな一枚岩!
こんな大きな一枚岩初めて見ました♪
岩の大きさが写真で伝わるでしょうか??



巨石を間近で見上げる
5巨石を間近で見上げる


巨石とBandit
4巨石とBandit



更に北上を続けると鉄骨の橋がひしゃげていました。
去年の台風の爪跡が残っていました。
幸いまるぼの辿ったルートは復旧が進んでいて引き返すことはありませんでした。



台風の爪跡
6台風の爪跡


更にR371を北上します。




R371 深い山の中の林道


ここで更に雨が強く・・・・道も狭く見通しの悪いコケの生えた林道に・・・・



深い森に囲まれた林道を走る
7深い森に囲まれた林道を走る



林道アタック
8林道アタック


ん~ここで悪い癖ですね。
突き進んで失敗しました^^;


流石にこのままではヤバイと感じ集落でおばちゃんに道を聞き海沿いの国道に戻るルートを教えて頂きました。
後日調べて分かったのですがR371から龍神スカイラインへは狭い林道しかなくその道もまだ
台風の影響が残っていて通り抜けが不可能だったそうな・・・・

初っ端なで早くも体力を消費してしまいこの時点で広島直帰を早々と決めました。
そうと決まれば龍神スカイラインを目指しましょう。





龍神スカイラインへ繋がる県道29号


龍神スカイラインへ向けて県道29号を進みます。
こちらも景色のいい山々を抜けるワインディングロードです。
交通量も少なく快走ルートでした。


ワインディングが続く県道29号
9ワインディングが続く県道29



緑の中を走る
10緑の中を走る

新緑の山々
11新緑の山々





高野龍神スカイライン(R371)


県道29から高野龍神スカイラインに入りました。
前半も高低差のあるワインディングが続きます。
展望は霧と高い木々であまり良くありません。



龍神スカイラインのワインディング
12龍神スカイラインのワインディング


途中で護摩壇山ワイルドライフ(大規模森林公園)の林道に懲りずにアタックしてみた所、
木々が開けた展望の良い場所に辿り着きました。朝は撃沈でしたが今回のアタックは成功でした。


霧立つ山々を眺める
13霧立つ山々を眺める


ごまさんスカイタワーに到着しました。
タワーにも上りましたが360°真っ白w
諦めて北上を続けます。


深い緑の山々
14深い緑の山々


途中の道で視界が開けていました。
こっちのほうがいい眺めでした♪


展望の良い高台からの眺め
15展望の良い高台からの眺め




高野山 金剛峯寺

スカイラインも走りきり高野山金剛峯寺へ到着しました。

が、寺はもうお腹いっぱいで・・・・@@;

結局端の奥ノ院に行って和歌山側へ向かってしまいました^^;


奥の院入り口
17金剛


奥の院
18_20120514200729.jpg



19_20120514200747.jpg




和歌山市内 R42号沿い


わざわざ混んでいる和歌山市内へ向かった理由はですね~



和歌山ラーメン食べたかったからでっす^^


広島にも濃ゆい和歌山ラーメンのチェーン店があるのですが物凄いコッテリ系でした。
しかしこちらのお店のラーメンは見た目とは裏腹にあっさりとした美味しいスープでございました。


中華そば楠本屋 和歌山ラーメン
和歌山ラーメン


さて、目的も全部消化できたことですし帰ります。
帰宅予定時刻・・・・深夜○時^^;

和歌山ICから阪和自動車道に乗り広島を目指します。




阪和自動車道紀ノ川SA


こちらのSAでお土産を買います。
まるぼの超ロングツー定番のお土産は積載の関係上ご当地キャンディーにしています^^

今回は和歌山ということで梅キャンディーをチョイスです。
それでもカバンパンパン^^;


連日のじめじめツーにより足がムレムレのしわしわになっていましたので
しばらく生足で座って足を乾かします。

ふとトイレに行くと入り口の上にツバメの巣とツバメ達がいました。
まるぼが直ぐ下にいるのにも係わらず逃げるそぶりも見せません。

大分人に慣れているようですね。折角の機会ですのでパチリ。
トイレの前でカメラ持ってると流石に怪しい^^;


トイレ上のツバクロウ君
20ツバクロウ君(仮)


最後を飾るショットがトイレの上のツバクロウ君とはw



その後は悪化した雨の中広島に帰り着きました。

天気が良かったらもう一日いたんですがね~日頃の行いですかね。
(まぁ4日でもほぼ半島を巡れました)

さて次は・・・・中部へGO!!



4日目の走行距離:735.9km


紀伊半島ツーリング総走行距離:2160.4km

※重量物を積んでの高速走行及びワインディングによりZ8前後ともスリップサインでました^^;
今後の事もありますし早めに交換しておきます。(Z8のインプレは後日・・・・)


【今回の反省点】
・キャンプツーは拠点式でやった方が楽(毎度の設営がメンドイのとバイクが重くなる)
・ちゃんと走る直前に経路確認を
・後半は写真が雑^^;もっと止まって丁寧に撮影を。
・大荷物でのワインディングは程々に。
・ブーツが蒸れ過ぎ。足の裏がシワシワに。通気性の良いブーツを・・・・
スポンサーサイト

近畿地方ツーリング: 3日目 潮岬・新宮・田辺・すさみ 編

2012年05月09日 22:48

紀伊半島ツーリング3日目でございます。


4/30(月)



潮岬キャンプ場

朝5:30に起床です。
ちょい睡眠不足ですがしっかりと起きれました。
3日目の夜もこちらに宿泊しますのでキャンプバックは積まず身軽な状態で走りに行けます♪
それにしても天気最悪ですw雨が降ってないのはありがたいですが今にも降り出しそうです。


潮岬キャンプ場の朝
1潮岬の朝


早速潮岬内を散策・・・・したい所ですが
皆さんまだまだ眠ってらっしゃるようなので
時間つぶしに隣の島「紀伊大島」へ向かいます。



紀伊大島


紀伊大島の道も見通しは悪いですが良い道ですね~



うっそうと茂る森の中を走る
3うっそうと茂る森の中を走る



そして紀伊大島の端っこ樫野埼灯台に到着です。

折角来たんだし記念撮影でもしようかなと珍しくまるぼ登場ですw


樫野埼灯台とまるぼ
2樫野埼灯台とまるぼ


どうでも良い話ですが
お気にだった帽子は四国ツーの時に四国最東端の岬で海の彼方に吹っ飛んでいったので
今被っているのは同じく四国のスーパーで買った帽子(¥500)ですw(後ろはマジックテープ止め)


さて、そろそろ周りの方々も起きた頃でしょうから潮岬へと戻ります。
同じ所を行ったり来たり・・・・マスツーだったら苦情殺到のルートですw



本州最南端 潮岬

改めて本州最南端 潮岬に到着です。

勿論最南端の碑がありますので記念撮影です。

ちなみに碑は2つあります。折角ですので両方とツーショットしてきました。


本州最南端!
4本州最南端!

寝転がったまるぼが碑の日本列島を真似ているって所がミソです♥ww


で下は普通の碑ですね。

本州最南端!!
5本州最南端!!

潮岬灯台も入ろうとしましたがあくのは9:00以降・・・・
大分時間があるので灯台は最後にします。

それではまずは串本に戻りR42を北上していきます。



那智勝浦町 県道46号沿い 那智大社


向かった先はこちら世界遺産の那智大社です。

大社までの山道や家屋には去年の台風の爪跡が残っていました。
この県道46号が復活したのも結構最近だったみたいです。


那智大社駐車場の前に那智の滝入り口がありますのでまずはこちらから行ってみましょう。



那智大社 那智の滝
6那智大社の那智の滝


滝への道のりは高い木々の間を抜ける気持ちの良い参道でした。

滝への道のり
7滝への道のり


歩くこと数分滝に到着しました。


那智の滝
8那智の滝



那智の滝は高さ133m、幅13m、直瀑としては日本一の高さを誇ります。
日本滝100選はもちろん、日光華厳の滝と袋田の滝と合わせて日本三名瀑に数えられている滝です。
※THE後調べw



迫力の直瀑
9迫力の直瀑


続いて大社を目指します。
来た道を上り今度は急勾配の参道を登って行きます。


参道の途中には歴史を感じさせる建造物が並んでいます。
そのなかで目を引いたのが大きな杉と並んで経っているこちらの建造物。
屋根や壁の質感と並び立つ立派な杉の木が歴史を感じさせます。


歴史を感じさせる建造物
10歴史を感じさせる建造物



そしてこちらが世界遺産の那智大社
まるぼは参拝はしないので撮るだけでございます。
皆さん参拝されてました。


世界遺産 那智大社
11世界遺産 那智大社


参拝しないので戻りは早いです。
性根がせっかちってのもありますがw

この時期はツツジが綺麗に咲いていますね♪


躑躅と3重の塔
12躑躅と3重の塔


今日は天気もさることながら風も中々強く・・・・早くも夜が心配になってまいりました^^;
まぁそんなこと写真撮ってたら忘れました。

新緑のモミジが風になびいてサワサワと音を立てていました。


風になびく新緑のモミジ
13風になびく新緑の紅葉


那智大社、自然に囲まれた神々しい素敵な場所でした。


那智大社を後にしR42へ戻ります。



R42沿い日本最古の神社花の窟

海沿いのR42は交通量が多かったので変化球でちょっと入った県道141のオレンジロードを走りました。
今日はキャンプバックも無いので軽快でした。


そして向かった先はこちら



日本最古の神社 花の窟
14日本最古の神社花の窟


日本最古の神社で社殿は無く、高さ約45mの窟がそのままご神体となっています。
※THE後調べw


御神体
15御神体


駐車場の出店で食べたみたらし団子は美味でした~♪


R42からR311に入り西方向へ進みます。




R311沿い 丸山千枚田

続いて向かった先はR311沿いの山間部にある丸山千枚田に立ち寄りました。

ちなみに山間の視界の悪い道から出た所が棚田全体を見渡せるBESTスポットに感じました。


丸山千枚田
16丸山千枚田


遠目も綺麗ですが近寄って見ても不規則な棚田が並ぶ姿は面白いですね。


不規則な形状の棚田が並ぶ
17不規則な形状の棚が続く


広島にも棚田はありますが規模が違いますね!
寄って良かった。


棚田を見下ろす
18棚田を見下ろす


棚田を後にしR311を更に西へ進みます。




R311沿い 湯ノ口温泉付近


R311を西へ進み湯ノ口温泉付近のトンネルを抜けると北上川の広大な河原が
姿を見せます。


広大な河原が広がる
19広大な河原が広がる



R169⇒R168へ進んで行っても気持ちの良い自然に囲まれた緑のルートが続きます。


山中をひた進む
20山中をひた進む


広々としたアップダウンの気持ちのいい道
21広々としたアップダウンの気持ちの良い道



が・・・・この直後に終わった^^;
一気に道幅は狭くなり車がすれ違うのが困難な林道になってきます。


まぁそんなことではあきらめませんよw
狭く暗い道を進んで見つけた景色は広大な北上川の河原と緑の山々の景色でした。



北上川の河原沿いにて
21北山川にて



大きくたわむ北上川の流れを眺める
22大きくクネル北山川


さて再びR311と合流し西進を続けようとした直後ついにポツポツと雨が・・・・
そしてあっという間にザァァーと大雨になりました。


カッパをすばやく装着し淡々と走りました。
幸い帰りは単調な道でしたので写真は撮ろうと思わなかったので丁度良かったです。
(負け惜しみ)


半島先端を東から西へ横断し海沿いを通り潮岬へ戻ります。
この時点で偉く風が強くなって参りました^^;
潮岬においてきたテントが心配です。





潮岬灯台

ゴォォォォ~

風が唸っています。
台風来てたっけ??


潮岬灯台
26潮岬灯台


中は狭い螺旋階段が続いている。
25中は狭い螺旋階段が続く

また帽子を飛ばされないようにしっかりと押さえ灯台に上り景色を見て(悪天候で何も見えない!)
写真を撮って急いでキャンプ場へ戻りました。



潮岬キャンプ場


他のキャンパーもすっかりいなくなってまるぼ含め今晩の宿泊は8組程です。

今にも飛ばされそうなテント達を横目に自分のテントを探すと・・・・


良かった。健在です^^;
背の低いクロスドームタイプのおかげでしょう、強風の影響をあまり受けずに安定感があります。


テントの無事も確認できたし夕食でも食べに行こうとしましたが
更に雨風強く・・・・キャンプ場の受けつけのおばちゃん達の大きなテントに緊急避難ですw

おばちゃんたちと色々ダベっていると串本でタクシーの運転手をされている方がいらっしゃり
その方と話し込んでいるとこの天気で下まで食べに行くのは大変だろうということで
潮岬のユースホテルのオーナーさんに話を付けていただき、そこで夕食を食べられるように
交渉して頂きました^^

こういった旅先での優しさに触れるとナミダが出そうになります^^

ありがとうございました!!


夕食を食べ終わり雨風の切れ間の打ちに自分のテントに戻りました。
受付のおじいちゃんの話によると風と雨のピークは21:00~22:00とのこと。


・・・・

・・・・

・・・・


ふ~しのぎました^^;


外に出てみるとさっきまでの暴風雨が嘘のようです。
名残の風が雲を動かしその雲間から星が顔を覗かせていました。


雲間から星空が覗く
27雲間から星空がのぞく


3日目は天気こそ悪かったですが霧立つ山々の緑の中の景色を楽しめました♪





3日目の走行距離:314.3km




近畿地方ツーリング: 2日目 熊野灘・尾鷲・潮岬 編

2012年05月05日 20:17

さて、紀伊半島ツーリング2日目です。


4/29(日)


浜風公園キャンプ場

朝5:30に起床です。
深夜にどこからかやってきたバカップルがギャーギャーバタバタ騒いでいてやかましかったですが
100均で購入した耳栓のおかげで睡眠は出来ました。

トイレも綺麗で水もただ。良いキャンプ場でした。


浜風公園キャンプ場の朝
1浜風公園キャンプ場の朝


市役所の警備の方に許可証と蛇口をお返しして出発です!!
本日は海沿いを走り本州最南端の「潮岬」を目指します。
まぁ当日の潮岬は着く事が目的なので詳細は3日目の記事となりまする。

まずは伊勢自動車道に乗り終点の伊勢まで走り、昨日走ったパールロードを目指します。



県道128号 パールロード



本日も良い天気です♪

霞むこともなく遠くまでくっきりです。


パールロードから海岸線の町並みを見下ろす
2パールロードから海岸線の町並みを見下ろす


昨日も走りましたが何回走っても気持ちの良い道です。
ついついキャンプ道具が載っているのを忘れて加速装置スイッチONですw
こんなに重くてもしっかり曲がるな~むしろ安定感があっていいです。


パールロードにて
3パールロードにて


気持ちの良い道が続く
4気持ちの良い道が続く


しばらく走ると今度は海の青色から深い緑色の景色に変わっていきます。
一本の道で山と海の両方を楽しむことが出来ました。


山間を貫く
5山岳を貫く



周囲を深い森に囲まれる
6周囲を深い森に囲まれる


パールロード終点付近には赤色の的矢湾大橋があります。

緑の中に橋の赤色が映えます。



緑の中に赤色が映える的矢湾大橋
7 (2)

パールロードが終わり県道17号に入り海沿いのR260を目指します。



志摩 海沿い 県道17号 

県土17号は海沿いの長閑な入り江沿いを走る気持ちの良いルートです。
意外と交通量があるのでの~んびりと走ります。


県道17号沿いにて
8.jpg


長閑な入り江沿いの道を進む
8長閑な入り江沿いの道を進む



長閑な海の景色
9.jpg



10.jpg



R260入り口

県道17号からR260へ入ります。ここから交通量は激減。

道も広くとても走りやすいルートです。
また入り口の道の感じがまるぼのストライクです。

11.jpg



紀伊長島 R260海沿い

こうも交通量が少ないと自然とスピードが出てきますねw抑えて抑えて・・・・

と横を札幌ナンバーのバイクが良い速度で抜いていきました。
お~この人の後ろにいればOKかな?っと勝手に判断しこの人のお尻に
付いていくことにしました。おかげで大分距離稼げました~ありがとうございます^^

ですが途中で良い景色を見つけてまるぼはドロップw

ん~瀬戸内海に負けない綺麗な海です。

12.jpg


13.jpg

14.jpg



R260を走破しR42号に入り再び海岸線を南下します。

尾鷲市に入りここでR311に入り海沿いを走ります。



尾鷲市 R311 海沿い

本当はR42をずっと走ってここはパスする予定だったのですが
道を間違えてしまいwでも間違って良かったです。

長閑な海沿いの道と漁村の風景を楽しむことが出来ました。


15.jpg


18.jpg

19.jpg



海沿いにぽつっとこんもりとした森の中に神社がありました。
こちらの杉の木も立派で素敵でした。

16.jpg


自然の窓から海をのぞく
17.jpg


長閑な町並みとBandit
21.jpg


長閑な漁村の風景
20.jpg



R311から再びR42に戻り海沿いを更に南下します。

途中の新宮で色々と観光できそうなスポットがありましたので3日目に行ってみたいと思います。
今日の目的地は潮岬なので一先ずパスですw



潮岬キャンプ場


ほ~到着です^^
2泊の受付を済ませテントを張ります。

20分ほどで完了し大分時間があまりました。

そこで明日の予定を前倒し+風呂+買出しも兼ねて
橋杭岩へ向かうとします。



R42沿い橋杭岩

ちなみにこちらの橋杭岩2011年ツーリングマップルの表紙になっております。

橋杭岩とBandit
22.jpg

いつの間にか天気スッゴイ悪いですw
あ、当日の午後から明日、明後日も天気最悪の予定w(上等だ~!!w)

さて、風呂も串本の温泉に入ったしつまみと酒も買ったしホームに戻るとします。



潮岬キャンプ場

戻るとキャンプ場にはテントテントテント(流石GW & この辺りで有名なキャンプ場なだけある)

まるぼはうっかり4組の若いライダーのグループの近くにテント張ってしまい
12:00位まで彼らが盛り上がっていたので結局彼らが寝付くまで寝られませんでしたw
明日は眠眠打破必須だすww


仕方いないので三脚にK-5をセットしリモートスイッチでパチリタイム。
だって寝れないんだもんw


夜が更ける
23.jpg


今回の走行距離:374.3km

近畿地方ツーリング: 1日目 三重県 津・伊勢 編

2012年05月03日 17:40

今回のGWツーは3泊4日で紀伊半島を巡ってきました。

例によって写真の枚数が多い事をお詫び申し上げます^^;


4/28(土)


5:00 出発

今回は全てキャンプ泊です。
キャンプ道具満載とパニア装備で最重量フル装備Banditです。
車重は260kg越えですw オモ^^;


行くぞ相棒
1行くぞ相棒



大津市

高速を走ること6時間、大きな渋滞も無くスムーズに移動できました。
今回は大荷物ということもあり速度を抑え目にして走った結果
今までで最高燃費となる19.4km/㍑を記録しました♪

点数も残ってない事だし今後は大人しく走るとしますw

さて、大津ICで高速を下りて
湖南アルプスの麓の県道16号大津信楽線を南進します。

走りやすい綺麗な道が続いています。ただし白バイがかくれんぼしていたので
注意して走行します。


大津の県道13号大津信楽線にて
2大津の県道13号大津信楽線にて



青山高原

R422からR165を介して香良洲へ向かう途中に青山高原があります。
当日は天候に恵まれていた為、高原の高台から伊勢湾沿いの街並みを眺めることができました。
東は海、西南北は周辺の山々を見渡すことができるいい高原でした。


青山高原
7青山高原


伊勢湾と街並みを見下ろす
6三重の町並みを見下ろす


そして何より道が素敵です。
青い空と緑、そしてBanditとワインディングロードという最高の組み合わせです♪


青山高原の道にて
4青山高原の道にて


気持ちの良いワインディングロードが続く
5気持ちの良いワインディングロードが続く


高原の高台から
8高原の高台から


香良洲町市役所
R165を海まで走り香良洲町市役所へ寄ります。
今日は香良洲町の海岸沿い沿いにある無料キャンプ場浜風公園キャンプ場に宿泊する為
事前予約(要)の上、キャンプ場利用許可証を早いうちに受け取りに行きました。

浜風公園キャンプ場


警備の方からキャンプ場利用許可証と蛇口を受け取り目的達成です。
それらをキャンプバックに詰め、久居ICから伊勢自動車道に入り伊勢を目指します。



伊勢神宮  豊受大神宮(外宮)

伊勢といえばこれですね!伊勢神宮♪

内宮・外宮があるようですのでまずは伊勢西IC出口を左折し外宮の豊受大神宮から見物します。


豊受大神宮 正宮
9伊勢神宮 外宮

ん~味がありますね!
ただ正宮の中は撮影禁止の為入り口で撮影をしました。

神宮にはお決まりの立派な杉の木がその大きな巨体を聳え立たせています。

はっは帰って見て見たら木の写真の方が多いやw


立派な杉の木
9立派な杉の木



伊勢神宮  皇大神宮(内宮)

続いて内宮の皇大神宮です。

こちらも正宮は撮影禁止の為入り口のみ撮影です。


皇大神宮 正宮
11伊勢神宮 内宮



ここまでの参道は深い森につつまれ、静かで神々しい空気を感じることができます。


巨木の迫力
10巨木の迫力



小河の畔では新緑の紅葉が照らされ輝いていました。


照らされる新緑の紅葉
10照らされる新緑の紅葉



志摩 県道128号 パールロード


本日はこちらを北上し再び伊勢自動車道にて久居に戻り浜風公園キャンプ場に戻ります。

日が長くなったおかげで行動時間が長く取れます♪

パールロードは海沿いの伊勢湾の雄大な景色を見渡す事ができます。



パールロードから雄大な伊勢湾の景色を見渡す
12パールロードから雄大な景色を見渡す


そしてこちらの道も気持ちの良いワインディングロードです^^



更にグルメも♪♪

パールロード沿いのお店では新鮮な海の幸を使った料理を楽しめることが出来ます^^


まるぼは折角なので伊勢海老いくら丼をチョイスしました。
伊勢海老×あわびもあったのですが貝NGなのでパスw



(店員さん)お待たせしました~


トンッ


伊勢海老いくら丼
13伊勢海老いくら丼♪


(まるぼ)(他のお客さん)・・・・!!!!

お~出てきた時のインパクトは凄いですね~
ですが肝心の海老の身は少な目w

まぁ被写体としては良かったですw



伊勢志摩スカイライン

パールロードから伊勢へ戻る為スカイラインを走ります。

料金が2輪860円と少しお高いですがこちらのスカイライン



絶景です。




絶景です
13絶景です♪


いや~これは860円払う価値ありますね!
こちらの写真は進行方向とは逆なのですが思わずこの景色を見てUターンしました♪
18:00頃と遅めに入ったのが良かったのか車もほとんど走っておらず
良い写真が撮れました^^


伊勢志摩スカラインにて
13伊勢志摩スカイラインにて



絶景を独り占め
15絶景を独り占め♪





そして本日のBESTショット♪

スカイライン頂上付近からの伊勢湾へ吸い込まれて行く様な下り道。
そして夕日も丁度赤みを帯びてきて綺麗な光景でした。


空からの眺め
14空からの眺め


そして夕暮れが迫ります。


夕暮れの町並みを眺める
16夕暮れの町並みを眺める




夕暮れとBandit
17夕暮れとBandit


さてキャンプ場にもどりますか~
1日目は大成功♪



1日目の走行距離:730.7km



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。