--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーリング用一眼レフカメラバック

2010年10月17日 17:44

ツーリングの際のVちゃんともう一機の相棒の一眼レフカメラですが

最近カメラバックがしっくりこないので新たなバックを探しに行きました。

歴代のバック達はイマイチ肩がこったり操作に影響が出て死にかけたりwと中々いいバックが見つかりません。

歴代バック達

ザック型
(操作性への影響小&積載量は魅力。今までメインに使用していたが物凄く肩が凝る。キャンプバックを積んだら背負えない)
ザック型


ショルダー型
(キャンプバック搭載時に使用。※阿蘇ツーでも使用。ベルトで肩、上体部をベルトでとめられる。ただやっぱりキャンプバックとちょい干渉。
阿蘇の下りの左タイトコーナーを曲がる際ショルダーバックとキャンプバックが当たり体が動かずセルフステアにならなくて激しくセンターラインオーバー^^;)
ショルダ-型

ん~微妙ですwキャリアとケース付ける手もあるんですが振動がねぇ・・・・

ラディングの邪魔をせず疲れにくい。

そんな都合のいいカメラバックを探しに近所の○ックカメラへ




今回購入したバックはこちら※ザック/ショルダーときたらこれしか選択肢が残っていません^^;

LOWEPROヒップバック
LOWEPROヒップバック

防水性で一眼+シグマレンズ装着状態ですんなりと入ります。+αで携帯と財布も入ります。

防水性です


実際に腰に付けた感じですがベルトをきつくすれば体と一体になります。

シートに座ってもちょっと浮くので振動の心配は無さそうです。

ここまでは合格^^後は操作性への影響のチェックです。

早速山道を走ってきました。

通常のライディング、フルロックでの旋回やUターンでは特に影響無し。

ただタイトなコーナーで寝かせるとやっぱり邪魔でしたw引っかかるとかは無いですが・・・・

まぁツーリングに行く時はそこまで寝かして走らないからOKですね^^

3時間ほど走り回りましたがザックやショルダータイプと違い、肩がこらないのでいいですね。

後ろにキャンプ道具を乗せる際はキャンプバックにヒップバックのベルトを通せば
装着できそうですし取り出しも簡単にできそうです。




いや~これでスッキリしましたw



という事で早速・・・・


山口県 角島ツーリング!

角島行って下関で旨い飯食べましょう♪


日程は来週か再来週の土日の何れかを予定しています!

どなたか行きませんか~?

※ブログのお友達の皆さんは8割関東や遠くに住まれている方々なので難しいでしょうねw

という事で恐らくはご近所に住まれているきゅーりさん・・・・
宜しければ一緒に行きませんか~?w


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。