FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中部地方ツーリング:1日目 北上・琵琶湖周遊 編

2012年08月18日 14:30

こんばんは。

無事に帰ってまいりました。まるぼです。

いや~中部ツーリング、やはり天気は微妙でございましたw

しかしこれもツーリング!いつかのリベンジの為にしっかりと記録しておきます。

※長文と膨大な写真枚数ですのでフリーズしたらごめんなさい^^;


中部地方ツーリング:1日目 北上・琵琶湖周遊 編


ざっくり経路
1日目:ざっくり経路





それでは じまはりじまはり~





8/11(土)



4:00に自宅を出発し、まずは琵琶湖を目指し北上します。


この時間帯はお盆でもガラガラの状態♪
しかし油断しないよう気をつけて走ります!

山陽自動車道を走り関西方面へ走ります。





山陽自動車道 岡山付近

さぁ・・・・・・・・・・・・


早速雨が降ってまいりましたorz


カッパを着る為PAに入ります。



駐輪場には私の他にDAGEが止まっていました。

綺麗な緑です♪


DAGE※クリックすると大きくなります。
1 DAGE



DAGEの横に座られていたライダーさんに「天気散々ですね~」

と話しかけたらお互い!!!!!!!!!!っと。。



そうです。夏に秋吉カルストでお会いしたDAGEさんでした。

朝からまさかのミラクルでテンションが上がりましたw



DAGEさんは4泊5日で関東方面へ行かれるそうです。

その後雨がなかなか弱まらずお互い出る気がせずにしばらく話ししていました。

会社のバイク事情などについてw




・・・・雨が弱まってきました・・・・


DAGEさんに別れを告げ再び走り出します。







滋賀県 琵琶湖


名神が事故渋滞のためにペースダウンしました。

暑いし眠いので高速を栗東から降りて琵琶湖を反時計回りに周遊します。

ちなみにこの時点で総走行距離33000km達成です。

記念にパチリます。



33000km!
33000km!.jpg



琵琶湖の湖畔沿いを走ります。

中々湖畔の道から畔までバイクで入れないようになっているので「琵琶湖とbandit」が撮れませんorz


琵琶湖は置いておいて琵琶湖の反対を振り返ると広々とした田園が広がっています。



田園の中のBandit※クリックすると大きくなります。
2 田園とBandit


※クリックすると大きくなります。
3 田園とBandit


天気が良かったらもっと綺麗なんだろうけどな~残念です^^;


しばらく走ると何とか琵琶湖と撮影できる場所を見つけました。


琵琶湖とBandit※クリックすると大きくなります。
5 琵琶湖とBandit


うん・・・・まぁこれでいいやw

琵琶湖、普通の大きな湖でした^^;



琵琶湖※クリックすると大きくなります。
4 琵琶湖


※クリックすると大きくなります。
6琵琶湖


さぁ本日の目的は北上+αですのでさくっと次に向かいます。









彦根


と言えば彦根城と「ヒコニャン」でしょう~♪

ご当地キャラクターの中でまるぼは一番ヒコニャンが好きです♪

が、ヒコニャンが出てくる時間が合っていなかったので大きなヒコニャンを見ることができず・・・

まぁ中の人も大変だし休憩しないとね(あ、言っちゃったw)

そういうことで仕方なく彦根城を散策します。



彦根城※クリックすると大きくなります。
7彦根城



お~^;だいぶ小さなお城です^^;


けど至る所にヒコニャンがいますよ♪


ヒコニャン※クリックすると大きくなります。
8ヒコニャン♪


折角ですのでストラップも購入です。正座しているヒコニャンがかわいい♪


ヒコニャンと彦根城※クリックすると大きくなります。
9ヒコニャンと彦根城


昼も周り空腹になってきました。

今回は食にはこだわらないようにしているので近くにあったラーメン屋さんに入りました。

結構おいしゅうございました。ねぎが九条ねぎってのが流石だなぁと思いました。


満腹になたっことですし、木之本ICから北陸自動車道に入り北上を進めます。

北陸自動車道、ペースも良くて程よくクネッていて走りやすかったです。


ただ覆面いましたので注意が必要ですねw

本日の最終の目的地、小松グリーンホテルを目指します。








加佐ノ岬


このままですとホテル到着が早くなってしまうので加賀ICを降り

マップルに乗っている加佐ノ岬へ行ってみました。


途中の道から一緒になったCFRさんと岬を回ります。



加佐之岬※クリックすると大きくなります。
10加佐ノ岬



※クリックすると大きくなります。
11加佐ノ岬



※クリックすると大きくなります。
12加佐ノ岬



加佐ノ岬灯台※クリックすると大きくなります。
13加佐ノ岬灯台



CFRさんは地元の方で最近CFR250を購入されたということでピカピカです。

オフ車・・いいなぁ


BanditとCFR※クリックすると大きくなります。
14BanditとCRF


CFRさんに別れを告げ、北上を続けます。









美川IC付近 海岸線


高速上からホテルの場所を目視で確認できたため、今度は夕焼け写真をおさえる為に周辺を散策します。


海水浴場が多いせいか至る所に海岸線への入り口は見つかるのですが海水浴客や人工物が多くて
いい場所が見つかりませんでした。

そうこうしているうちに夕刻を迎えました。

フィーバータイムです♪♪


夕日とBandit※クリックすると大きくなります。
15夕日とBandit



夕日と日本海※クリックすると大きくなります。
16夕暮れの海



夕焼け空※クリックすると大きくなります。
17夕暮れ空



夕焼けシルエット※クリックすると大きくなります。
18夕焼けシルエット



夕日に照らされるカウル※クリックすると大きくなります。
19夕日に照らされるカウル



近場にあった吉牛で夕食を済ませ本日の宿へと向かいます。








小松 小松グリーンホテル


美川からものの15分で到着しました。

チェックインを済ませ相棒に注油とカバーを被せ今日のお役目終了となりました。


小松グリーンホテルにて
20小松ホテルにて


bandit君今日はお疲れ様^^明日も頼むよ!


まるぼも隣接している温泉につかりビールで充電して明日に備えます。


今回の走行距離:733km

スポンサーサイト


コメント

  1. ろむじぃ | URL | BxQFZbuQ

    おじゃまします&おかえりなさいです。

    733キロ!
    スゴイ距離を走られましたね!

    なかなか天気に恵まれなかったようですが、それでも中身が盛りだくさんでうらやましいです。
    フィーバータイムには晴れたんですね。
    何も無い水平線に沈む夕日とバイク、素敵なひと時・・・

    続きもまってます!



    ところで重箱の隅をつつくようで申し訳ないですが、ダエグ(DAEG)ですよ。
    綴りが・・・。

  2. まるぼ | URL | -

    ◆ろむじぃさんへ
    ただいまです^^
    733kmほぼ高速ですのでそこまで大変ではないですよ♪

    日中のお天気は残念でしたがフィーバータイム(北上した時)には
    回復してくれていました。

    最後の最後でいい景色と写真を撮れて良かったです。

    あ、やっぱりw
    どっちやったっけ?と思って入力していたら間違ってましたか^^;
    気にしないでね♥(雰囲気で読んで下さいw)

  3. ひろきち | URL | -

    おかえりなさいませ^^

    やはり天気が良くなかったですか。
    でも、フィーバータイムの天気が良いのはさすがですね!

    私の携帯には、ひこにゃんストラップがついてますw
    私もひこにゃん好きです^^

    あれ?ホンダのオフ車はCRFだったような。。。

  4. マッカチン | URL | hNbiBM86

    お互い無事帰還ですね!お疲れ様でした!

    此方も天気が微妙でしたw前日まで東北やめて紀伊半島か金沢方面でまるぼさんとスライドするかな?なんて思ってましたが天気予報に振り回されましたw

    ホテルの照明も一応夕日色でフィバー中ですよねw

    次の日レポ楽しみです!

  5. SomeDay | URL | -

    夕日の時間だけ見計らったかのように天気がいいですね^^♪
    琵琶湖…ブラックバスが大量発生しているとかどうとかでしたっけ?w

    ちなみに私は愛媛のゆるキャラ、バリィさんが好きですw

  6. きゅーりパクパク | URL | -

    時差ボケきゅーりです(^_^;)。

    最初のルートを見て・・・。
    『俺、帰る』って言いたくなったよぉ(T_T)。
    距離あり過ぎっ!。俺の体力じゃぁ、ムリだな。

    やはり、ボリューム感のあるバイクだとシルエットが画になるね。
    vtrさんだとスカスカなんよねぇ。

  7. Bipolar | URL | 7yw7HneI

    例によって夕陽写真、いただきます。ご了承くださいませ。
    彦根は、井伊の殿様ですよね。
    譜代の重臣として、「控えめに控えめに」という家柄だったんでしょう、きっと。

    733km!!!
    四輪時代に2時出発で青森(東北道の終点)まで行ったり、21時出発で島根(浜田道の終点)まで行ったりしたことがありますが、体力の差が歴然...

    あ”
    これから支度して走りにいこうと思ってたんですが、雷の音が...(えええ
    めげずに準備だけは始めたいと思います。

  8. まるぼ | URL | -

    ◆ひろきちさんへ
    ただいまです^^
    お互い無事に帰還できて良かったです。

    1日目、2日目はOKだったんですけどね・・・・3日目、4日目がもう最悪でw
    何故かフィーバータイム時は雲がサァーっとなくなってくれるんですよねw
    雨男ですがフィーバー男??w

    ひこにゃんいいですよね♪あれの為だけに彦根城に行ったようなものです♪

    ・・・・ハハッは・・・・気にしないでください♥(雰囲気で読んで下さいw)

  9. まるぼ | URL | -

    ◆マッカチンさんへ
    ただいまです♪
    お互い無事故無違反で帰還ですかね!?w

    天気に合わせたら予定がずれちゃいますよね~^^;
    立て直すのも面倒臭いので中止しない場合は「押しとおる~」で貫き通しますw

    何とニアピンですかw
    すれ違ったらマッカチンさんのバイクは珍しいから直ぐ気づいたと思います^^

    日中はテンション低かったですがこのフィーバータイムで一気に回復しました♪
    2日目は盆ツーの中で最高の内容でしたのでお楽しみに~^^

  10. まるぼ | URL | -

    ◆Somedayさんへ
    夕方限定のフィーバー男なんですかね??

    大量発生してるんですか??
    どおりで釣り人が多かったはずです。
    在来種の生態系が崩れちゃうので深刻ですね。。

    !!バリィさんも可愛い♪クマモンとかもいいですね^^

  11. まるぼ | URL | -

    ◆Q様へ
    今日はゆっくりとお休みください(^_^;)

    またまたぁそんなこと言いつつ走破するQ様でしょ~w
    大型の利点を最大限に活かしました^^

    小さい方が後ろの背景が多く写るという利点があるので考えものです・・・・
    機動力もあるし小回りも軽快ですしね!

  12. まるぼ | URL | -

    ◆Bipolarさんへ
    ありがとうございます。
    気に入られた物がありましたらどんどん使われて結構です♪

    成る程~「控えめ」の天守閣の謎が解けましたw

    車だと仮眠ってのができますがバイクじゃできないのでしんどいですよね^^;
    結構日本を回られているのですね!私も東北行きたいです♪

    さすがに最終日はグロッキーでした。

    雷は・・・・ちょっと怖いですよね^^;
    小雨位なら気にしないんですけどね。。
    お気をつけて^^/

  13. sora | URL | -

    こちらに来る前にも、かなりの距離を走っている。
    やっぱ、若いってすごい。
    田園風景の写真、どこかで見たと思ったら
    よく似た感じですね。電信柱がいっしょ。
    夕日もすばらしい。

  14. まるぼ | URL | -

    ◆soraさんへ
    実際疲労がかなり蓄積してました^^;
    悪天候と渋滞さえなければもっときつくは無かったんでしょうけどねw

    電柱を生やす場所が決まってるんでしょうね。規則正しく並んで結構好きな光景です♪

    ありがとうございます^^
    ロンツーで夕日を撮るのは帰る時間を考えると中々撮れないですよね。
    近場の宿を取って正解でした♪

  15. GASHOB | URL | -

    まるぼさんへ

    こんばんは GASHOBです。

    お~733キロですか。走りましたね。
    早速注油をするところなんざあ、流石でs。

    夕日の写真は綺麗ですね。
    思わず、息を呑みます。
    日本海って太平洋にはない幻想的なイメージがありますが、その通りでした

    次回も楽しみです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marubo0504.blog47.fc2.com/tb.php/137-41167695
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。